カスタムデザインガレージ MODEg

ガレージを建てる場所はどこも同じなわけではありません。
変形している敷地や高さが制限されてしまう場所など様々です。

 

ガレージの使い方はみんなが一緒なわけではありません。
趣味や遊びで使う人もいれば日常的に使う人もいます。

 

カスタムデザインガレージMODEgだからできる

理想のガレージづくり。

敷地や用途、ライフスタイルに合わせて一棟一棟丁寧に製作・施工。

ガレージスペースを最大限に有効活用。

間口や奥行のサイズ、高さ、変形地納まりなど、あなたのこだわりに幅広くお応えいたします。

SIZE FREE

耐積雪50cm相当の安心高強度。

雪だるま

※数値は目安値であり保証値ではありません。

アルミ構造材・ガルバリウム屋根材

シャッターもサビに強いアルミ製。

シンプルでスタイリッシュなアルミスラットデザイン。
アルミ製だから動作も静かで軽快。
電動が標準装備のため雨の日も楽々開閉。

シャッター
シャッターカラー

外壁材はフッ素コーティングガルバリウム鋼板を使用。

サビにくい・色合い長持ち・長寿命。

選べるカラーは8色。

自然の風合いや経年変化を楽しみたい方には天然の焼杉材をご用意。

フッ素コーティングガルバリウム外壁材
焼杉材

※焼杉材は定期的にメンテナンスが必要です。

神奈川県 F様邸 / ガレージ

神奈川県 F様邸ガレージ
神奈川県 F様邸ガレージ

神奈川県 F様邸ガレージ
神奈川県 F様邸ガレージ

東京都 H様邸 / ガレージ

東京都 H様邸ガレージ
東京都 H様邸ガレージ

東京都 H様邸ガレージ
東京都 H様邸ガレージ

東京都 O様邸 / ガレージ

東京都 O様邸ガレージ
東京都 O様邸ガレージ

東京都 O様邸ガレージ
東京都 O様邸ガレージ

東京都 Y様邸 / ガレージ

東京都 Y様邸ガレージ
東京都 Y様邸ガレージ

東京都 Y様邸ガレージ
東京都 Y様邸ガレージ

神奈川県 I様邸 / ガレージ+カーポート

神奈川県 I様邸ガレージ
神奈川県 I様邸ガレージ

東京都 A様邸 / ガレージ+カーポート

東京都 A様邸ガレージ
東京都 A様邸ガレージ

埼玉県 K様邸 / ガレージ

埼玉県 K様邸ガレージ
埼玉県 K様邸ガレージ

ガレージ仕様

「耐久性」と「強度」にこだわる。
主柱から梁、間柱、横桟などすべての構造部材にアルミを使用。

■ 屋根材は表裏ともに無地色のガルバリウム鋼板(スチール折板)が標準仕様。

光を取り込みたいという方にはポリカーボネート折板をオプションでご用意。
■ 梁は中間柱なしで最大幅7.8mまで対応。(中間柱利用の梁連結で最大幅無限大)
■ スポットライトはオプション対応。ライティングレールも設置可能。
■ 木合板は外壁の下地と内装面の仕上げを一枚で併用しコストダウン。

内装面は着色仕上げで装飾効果をアップ。外壁下地面には防水シートを施す。
■ 梁を支える主柱の基礎は埋設仕様。立ち上げ基礎が不要のため工事代を節約。
■ 装飾窓やドアなどのサッシ類はオプション対応。
■ 間柱や横桟にもアルミを使用し耐久性と強度にこだわる。

内装名称

「デザイン」と「質感」にこだわる。
外壁材は選べるふたつのこだわり素材をご用意。

■ スポットライトはオプション対応。明暗センサーなどの組み込みも可能。
■ 屋根枠にも腐食に強いアルミを使用。
■ 外壁材は8色のカラーから選べるガルバリウムフッ素鋼板と天然木を使用した焼杉材の2パターンをご用意。

ガルバリウムフッ素鋼板は10年相当の防錆耐久性能があるため、

表面劣化に対する耐久性が高く面倒なメンテナンスやお手入れもほとんど不要。

焼杉材は定期的なメンテナンスを必要とするが「自然の風合い」を楽しみたいという方には最高の素材としてご提案。
■ シャッターは開閉スピードが速くてスムーズな電動アルミスラットシャッターを標準装備。

ワイドサイズは連窓式が標準装備

外装名称

<基本仕様>

耐積雪:50cm相当(数値は目安値であり保証値ではありません)
主要構造:アルミ形材
屋根材:スチール折板(ガルバリウム鋼板)
外壁:金属サイディング(ガルバリウムフッ素鋼板/耐防錆10年相当)
    ※天然木材の焼杉材の選択も可能
外壁下地:木合板(オイル塗装処理)と防水防湿シートの2層下地
シャッター:アルミスラット製

<注意事項>
・製品のみの販売はいたしておりません。
  ※本製品は完全工事付の現地造作ガレージです。
・外気温、湿度変化により結露が生じる場合があります。
・夏場は屋根材が熱を持ちガレージ内が高温になる恐れがあります。
・完全防水仕様ではありません。
 ※風雨の強さや向きによっては雨水が侵入する恐れがあります。

<建築確認申請について>
・ガレージ及びカーポートを建てる際、建築確認申請が必要になる場合があります。
 ※詳しくは、各市町村窓口(建築指導課等)にてご相談、お問い合わせください。